五月病を労るレシピ(2023年5月26日)


鶏胸肉のほったらかしステーキ(2人分)

鶏胸肉200g程度のかたまり
コショウ(お好みで)
少々(ソースを使うなら不要)
  1. 冷たいままの焦げ付かないフライパンに鶏胸肉の皮目を下にしてぴったり置く
  2. ふたをせず、ごく弱火で約30分加熱する(鶏肉は触らず放置する)
  3. 生煮えの部分がほぼなくなったらひっくり返して火を消し、ふたをして5分置く
  4. 適当な厚さに切り分けて皿に盛り、ソースをかける


ねぎソース(約120mL)

青ネギ1/2把
ショウガ1片
しょうゆ大さじ2
大さじ2
煮切りみりん(煮切らなくても可)大さじ2
ごま油小さじ1
  1. 青ネギは小口に切る
  2. ショウガはすりおろす(気になるようなら皮をむく)
  3. ボウルにすべての材料を入れてよく混ぜ、30分程度なじませる


春野菜のホワイトソース(約300mL)

小麦粉大さじ1+1/2
バター大さじ1+1/2(18g)
牛乳200mL
少々
コショウ少々
スナップエンドウ4本
ニンジン1/4本
  1. 野菜以外の材料を鍋に入れ、泡立て器で絶えず混ぜながら弱火で加熱する
  2. スナップエンドウはすじを取って3~4等分し、電子レンジで蒸す(600Wで100g当り1分)
  3. ニンジンは小さめの乱切り(スナップエンドウ同じくらいの大きさ)にして、電子レンジで蒸す(600Wで100g当り2分)
  4. 鍋の底から大きな泡が出るようになったら火を止める
  5. ざるで野菜の水を切って、ホワイトソースにいれ、ざっくり混ぜる

鰹の香草パン粉焼き(2人分)

鰹刺身用さく(たたき用でも可、冷凍可)1本(200g程度)
パン粉20g
ニンニク1片
パセリ2本
大さじ1
粉チーズ大さじ2
少々
コショウ少々
油(オリーブ油)大さじ2
玉ねぎ(あれば赤玉ねぎ)1個
  1. ニンニクをすりおろし、パセリをみじん切りにする
  2. パン粉と粉チーズに、1.と水を合わせてよく混ぜる
  3. 玉ねぎを縦半分に切り、次に1cmの厚さに輪切りにして、ばらけないように楊枝でとめておく(鰹を乗せられる大きさの部分だけ使う)
  4. アルミ箔の上に玉ねぎを置き、鰹を1cmの厚さに切って乗せる(玉ねぎの形に添うように複数の身を組み合わせる)
  5. 塩、コショウを振りかけ、上に2.をのせ、油をふりかける
  6. グリルまたはオーブントースターで12分程度焼く(パン粉が黒く焦げそうなら上にアルミ箔をかぶせる)

大豆とズッキーニのシャドークイーンサラダ(作りやすい分量)

乾燥大豆カップ1(150g)
ズッキーニ1本
シャドークイーン(紫ジャガイモ)1個
プレーンヨーグルト150mL
小さじ1+1/2
顆粒コンソメ小さじ1
  1. 大豆は24時間程度水につけてから、水200mL(分量外:圧力鍋説明書記載どおり)と圧力鍋に入れ、圧力がかかったら火を止める
  2. シャドークイーンは皮をむかずに電子レンジで蒸す(100g当り2分)
  3. ズッキーニは大豆と同じくらいの大きさのさいの目に切る
  4. やけどしないようにキッチンペーパーで包んで、シャドークイーンの薄皮をむく
  5. シャドークイーンをざく切りにして、プレーンヨーグルト、塩、顆粒コンソメとブレンダーまたはミキサーでよく混ぜる
  6. ボウルに水を切った大豆とズッキーニを入れ、シャドークイーンのソースで和える

このページのQRコード